FC2ブログ

ユンホの歩いてきた道~ひ・みつユンホ30

歌手になることに憧れた少年は夢を叶えたが、
その道のりは果てしなく厳しかった。

ユンホはSMエンターテイメントの練習生として レッスンに明け暮れてた毎日を送っていた。

そして、ついに東方神起のリーダーとして活動することが決まった。

東方神起は2003年に韓国デビューしてから、とても順調に進んでいた。

国内での人気も高く、いち早くトップアイドルグループとして名を馳せた。

そのままの勢いで、2005年4月27日「Stay With Me Tonight」で日本音楽界にデビューする。

しかし、日本での生活は甘いものではなかった。

日本語の壁、文化の違いなどとまどうことが多い日々が続いた。

リーダとしてユンホは取材に応じることも多く、慣れぬ日本語に苦労した。


韓国ではトップアイドルだった彼らが、 日本の大学の文化祭でシートの上で歌ったこともあった。

どんな状況でもユンホは笑顔と感謝の気持ちを忘れることはなかった。

努力して日本語もマスターして、 メンバーと努力して日本国内での知名度を高め、 2008年1月、初めて「Purple Line」でオリコンで1位を獲得した。

その年には紅白歌合戦にも初出場を果たすまでになった。

2009年7月には初めての東京ドーム公演を成功させ、東方神起は日本でも飛躍した活動を行った。

ユンホがやっとここまで来たと思った矢先、 東方神起は足元から崩壊し始めていた。

2009年メンバーの3人が急激に関係が悪化していたSMからの離脱を図るべく、専属契約内の契約期間や収益配分に関する規定の不当性を訴えて、SMとの専属契約の効力停止を求める仮処分をソウル中央地方法院に申請。

これにより、東方神起は突如、分裂の危機に立たされた 2010年4月3日、エイベックス側が日本でのグループ活動休止を発表し、これをもって東方神起は活動全面休止に至った。 (wikiより抜粋)

2009年紅白歌合戦でのユンホの憔悴した姿と痛々しい笑顔を忘れることはできない。

ユンホは以前からしていたボランティア活動にさらに力をいれていくようになる。

ここから、しばらくユンホはソロ活動を始める。

2010年ユンホはマイケル・ジャクソンの追悼公演を成功させ、ミュージカル宮に出演。

そして2011年1月 ユンホとチャンミンは二人で東方神起の活動再開を表明した。

そこからまた苦難の道が始まる。

五人でしてたことを今度は二人ですることになるのだ。

当然、歌のハーモニーも変わってくるし、ダンスの構成も違う。

そんな中でもユンホの謙虚な態度と笑顔は変わらなかった。

東方神起はまた二人で頂上を目指し始める。

2013年 五大ドームツアーをし、 日産スタジアムでのコンサートを成功させ、 海外アーティスト最多動員数の記録を塗り替えた。

東方神起は二人でまたここまで登ってきて 安泰かと思われたがーーー 韓国人である二人の目の前には 兵役と言う新たな壁が待っていた。

2015年4月東京ドーム公演をもち、 母国での兵役義務のため活動を休止する事を発表。 そして 2017年8月23日 東方神起の活動再開を発表。

2017年11月 1年7ヶ月ぶりにユンホはまたステージに立つことができた。

待ってくれていた多くのファンの前で ただいまと告げることができた。

お帰りなさいの声も受け止めた。

ユンホの笑顔は幸せに満ち溢れていた。

そして 東方神起は 2018年6月 日産スタジアム3daysという 前人未到の記録を打ち立てようとしている。








 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

りんりん26

Author:りんりん26
東方神起を母娘で応援してます。
アラフォーになって初めてはまった東方神起。。。
私はユノペンです。
娘はチャミペンです。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア